2009年11月15日

ヴィオラとヴァイオリンの違いは

piano_2[1].gifヴィオラとヴァイオリンの違いというと、基本的には同じといってよく、違いはサイズと音域だけです。大柄な方が小ぶりのヴィオラを持っていたり、小柄な方がヴァイオリン持ってたりすると、どっちがどっちかわからないほどです。

サイズ
 ヴィオラのサイズはヴァイオリンよりやや大型で、本体はおよそ10cm、重さは100gほど大きくなります。弓のサイズもほんの少し大きくなります。またヴァイオリンには小さなサイズの楽器(分数楽器)があります。種類は1/16サイズから始まり、1/10、1/8、1/4、1/2、3/4、7/8サイズまで全部で7種類あるのに対して、ヴィオラは1種類しかありません。

 そのためヴィオラは小さな頃から始めるのが難しく、身体が大きくなってからになります。このようなこともありヴィオラ奏者はヴァイオリン奏者から転向する人が殆どです。

音域
 ヴィオラの音域はヴァイオリンの5度下、チェロの1オクターヴ上になります。ヴァイオリンに比べて、音域が低い分、ヴィオラの方が落ち着いた、渋くあたたかな音色になります。合奏ではソロの多い、ヴァイオリンの「華やかな主役」に対して、ヴィオラは内声部を支える「渋い脇役」という感じです。なお、ヴィオラの楽譜の多くはヴァイオリンで使われる、ト音記号ではなく、ハ音記号が使われています。

 大きな違いはこれくらいなのでヴァイオリンが弾ければヴィオラも弾けますし、ヴァイオリンとヴィオラを持ち替える人も多くいます。




posted by miman at 16:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器をもっと知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

金管楽器の中で一番難しいのはホルン?

horn[888].gif よくホルンを聞けばその楽団のレベルがわかる、というようなことを耳にします。プロの演奏家ではホルンが音をはずしたりするのはまずありませんが、アマチュアの演奏ですとソロなどは聞くほうもいつもはらはらドキドキです。では、ほんとにホルンは難しいのでしょうか?他の楽器と比べてホルンが難しいといわれる所以をあげてみました。

倍音が多く、音をはずしやすい・・・

 ホルンは倍音が多いため、きちんとソルフェージュして狙って吹かないと、違う音がでてしまいます。特に高音域ははずしやすいようです。

マウスピースが小さいためコントロールが難しい・・・

 マウスピースが小さいため、細く長い管に息を入れるのが不安定で難しいようです。他の楽器と比べたら、息は入りにくいと思います。

音域が広い・・・

 ホルンの音域はかなり幅広く、オーケストラやホルンアンサンブルの楽譜では、幅広い音域を吹きこなすことを求められます。音域を広げるためにはきちんとしたアンブシュアが必要になります。

 ホルンは金管楽器の中で一番難しい楽器としてギネスに認定されています。(ホンとに)。ちなみに、木管楽器のギネスはオーボエです。



posted by miman at 07:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器をもっと知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木管楽器の中で一番難しいのはオーボエ?

clarinet[1].gif よくオーケストラのレヴェルはオーボエとホルンの腕前を聴けばわかるとも言われています。ちなみにギネスでもオーボエは世界で一番難しい木管楽器として認定されています。(ホントです。金管楽器はホルン)

 オーボエは習得が難しい楽器とされていますが、その理由として1つにはオーボエという楽器の構造上にあるのではないでしょうか。上のほうへ行けば行くほど息の通り道が狭くなる円錐形をしているうえに、狭いリードとリードの間に息を入れなくてはならないので、息を吹き込むときにとても圧力がかかり、胸が詰まって苦しくなってしまいます。また楽器の構造上も不安定な音が存在するようで、正しい音程を出せるまでになるのは時間がかかるようです。
 
 次にオーボエは楽器を吹く他に、リード作りが不可欠になります。良い音を鳴らすためには良いリードが必要ですが。リード作りは難しく温度や湿度や体調によっても左右されやすく大変なのです。そ して2枚のリードを支える口の形。口の周りの筋肉も使うので、慣れるまでは音がゆれたり、正しい音程で真っ直ぐ音を出すことが難しかったり・・・。

 このようにオーボエはいいかえると、リードで音と音程を自分のものにして作っていかなければならないという点で他の楽器よりも「難しい」と言われているのではないでしょうか。

 オーボエは個性的な音色がとても魅力的な楽器です。演奏は難しいとはいえ、オーボエの音色は優しく棘のない安心感のある音色です。それだけにそれを克服することにはやりがいがあるということでしょう。最近は音が柔らかく音程の良い楽器もできているようですが・・・。



posted by miman at 07:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器をもっと知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする